事業案内

ご挨拶

 2008年4月より開始された特定健診、保健指導も、その到達度評価を行う2012年度へ入りました。

 この間、NPO法人学習支援センターは東日本旅客鉄道株式会社を始めとする企業、また公的、私的機関に勤務される看護師、管理栄養士、人事部担当の皆様へ健診、指導に関わる研修を提供、好評を戴きました。

  弊NPO法人では、こうした実績を踏まえて、2013年度開始予定の新たな特定健診、保健指導へ対応する研修企画の準備を始めております。指導要領が明らかになり次第、研修内容のご案内を致します。

  また、此れまでの活動の内で医療関係者、企業人事部の皆様から戴いたご要望に基づきメンタルヘルスケアに関わるプログラムを開発、一次予防から三次予防、また、精神疾患、復職支援に関わる研修企画の提供を開始致しました。

  この提供に際しては、日経BPが主催する21世紀医療フォーラムなどと連携、さらに精神科医、医療機関、精神科専門家などと連携、皆様からのご要望にそった木目細かなお手伝いが可能となっております。

 以上、特定健診、保健指導の推進、メンタルヘルスケアへの取り組みなどに際して是非弊NPO法人の機能をご活用、ご利用戴く様にお願い申し上げます。

特定非営利活動法人 学習支援センター 理事長
塩塚健兒

事業内容

 学習支援センターは様々な分野で活躍されてきた方々の経験、技術や知識を市民同士が学びあい、全ての人々の技術、および知的水準向上の機会創出を目的として2002年8月に設立、活動を続けて参りました。
 2007年よりはその事業を社会的な要請に沿った保健指導、精神疾患への対策 教育活動へと広げ、心と体の健康維持、管理に関わる研修企画の提供、医療関係者、機関との協力関係を通じた情報提供へ一層の注力を図っております。

事業目的

 1.2008年度より施行の特定健診、保健指導への支援事業
 厚生労働省の定める40歳以上75歳未満男女への「特定健診、保健指導」 への支援事業として、2007年秋に社団法人東京都栄養士会との共催で管理栄養士を対象とした研修を開催、その後2008年度、2009年度にはJR東日本保健センター勤務の看護師、保健師を対象として、延べ15日に亘る研修を実施いたしました。

 2.メンタルヘルスケア、EAP支援事業
 精神疾患の増加傾向が社会問題化している今、主に企業、公的、私的医療機関に勤務する産業医、看護師、保健師を対象に精神疾患の専門的な知識、一次予防から三次予防までのノウハウ習得を目的とする研修プログラムを開発しました。
 2012年には社員20,000名を擁する国内大手企業様より、ラインケアの推進に関わる社内講師の養成研修を受託、実施いたしました。
 弊NPO法人では社員対象の指導、研修に加えて社内講師の養成研修、また協力関係にある医師、病院の紹介、カウンセラーの派遣についてもご相談に応じます。

3.市民向け語学教育、外国文化紹介事業
 主に英語圏からの帰国者を講師に各国の文化、習慣の違いを紹介する講習会を開催。海外への赴任予定者、その家族、また留学を目指す方々に 好評を戴いています。

理事長

塩塚 健兒

所在地

〒108-0073 東京都港区三田2-7-12 徳文堂ビル3F
特定非営利活動法人 学習支援センター
TEL:03-6629-8522(平日9時半~17時半)
FAX:03-5337-5651
E-mail…info@lscenter.org
お問い合わせフォームはこちらから